サイトのご案内

ご挨拶

ご訪問頂きましてありがとうございます。
当サイトはamazon.co.jpのWEBサービスを利用した検索サイトです。
内科学、外科学、小児科学、産婦人科学、薬理学、看護学をはじめ、書店では入手が困難な洋書や国試(国家試験)対策のテキストなど、オンライン書店の最大手・アマゾンにある全ての医療専門書を紹介しています。

価格や在庫状況はもちろん、実際に購入された方のレビュー、おすすめ度も掲載されていますので、購入の際の比較・検討にお役立てください。

気に入った書籍があれば、そのままamazon.co.jpのサイトから購入できますので、初めての方でも簡単、安心です。
また、1500円以上のご購入で送料無料(古本=マーケットプレイスの商品は除く)となりますので、とってもお得です。
「近所に専門書を扱っている大型書店が無い」、「洋書を店頭価格より安く買いたい」、「忙しくて、書店に足を運ぶ時間がなかなかとれない」などでお悩みの医師・薬剤師・看護師の皆さんの一助になれば幸いです。

おすすめの書籍

臨床医の必読書です

JAMA版 論理的診察の技術〜エビデンスに基づく診断のノウハウ
臨床診断学に新たな息吹を吹き込んだ名著の日本語版が2010年5月、遂に登場!

世界中の英語論文を検索して発表データから感度・特異度・尤度比(症状や兆候、検査結果などが、疾患のある群で予想される見込み)を計算、臨床医が遭遇する様々な診察場面を想定して、行うべき検査や判断の合理性を徹底追及しました。

どのような初見が診断の確率を高めるか、あるいは特定の疾患を除外できるか―などをエビデンスに基づき化学的に検証していきます。

JAMA(米国医師会雑誌)の1992年から続いている人気連載論文「evidence The Rational Clinical Examination」を一冊にまとめた待望の日本語版が、いよいよ登場します。


レジデントノートでお馴染みの著者

日常診療のよろずお助けQ&A100―救急・外来・当直で誰もが出会う「困った」に経験とエビデンスで答えます!
明日は我が身! 知らないと大変! 研修医を対象に、日常診療でよく出会う「困った」の対処法を紹介する。羊土社HPの「よろずお助け相談室」に大幅加筆して単行本化。

「こんなとき、どう対処したらよいのだろう?」といった実例に基づく研修医の質問を「レジデントノート」でもおなじみの林寛之先生が丁寧に答えます。
エビデンス・論文による裏付けがしっかりと示されており、指導する立場にある方にもオススメしたい一冊です。
便利な付録カード『医療過誤を避けるTips』は、白衣のポケットに入れてお使いください!

内容:1.救急診療・当直 / 2.外来診療 / 3.病棟診療 / 4.薬 / 5.検査・手技 / 6.その他


シリーズはいずれも好評

正常画像と並べてわかる腹部・骨盤部CT (ここが読影のポイント)
「こんな本が欲しかった!」と誰もが待っていた、病変画像と正常画像を見開きで並べた画期的シリーズに第3弾腹部・骨盤部CTが登場!
ポケットサイズだから腹部・骨盤部のCT画像をいつでもどこでも確認できる!

病変の画像を正常画像と対応させた、腹部・骨盤部CTの症例アトラスです。
よく出会う疾患はもちろん、絶対に押さえたい重要疾患も選択し、日常診療ですぐに役立つよう構成されています。

第1章 腹部造影(肝細胞がん、肝静脈閉塞、大動脈解離、急性膵炎…)
第2章 腹部単純(食道静脈瘤、転移性肝腫瘍、脂肪肝、脾悪性リンパ腫…)
第3章 男性骨盤(腹部大動脈瘤、癌性腹膜炎、大腸癌、腹壁瘢痕ヘルニア…)
第4章 女性骨盤(子宮筋腫、腹膜炎、子宮頸がん、膀胱結石…)
第5章 三次元画像(胆管がん、胆嚢がん、門脈圧亢進症、急性胆嚢炎)


集中治療のバイブル

ICUブック 第3版
Dr.Marinoによる集中治療学テキストのベストセラー、7年ぶりの改訂新版です。全53章、徹底した加筆・訂正が行なわれ、約140頁のボリュームアップ。

ICUにおける患者管理の基礎にとどまらず、さまざまな臨床問題の解決のための知識と知恵を圧倒的な説得力で教示します。
今回はまた、感染症など数章でDr.Sutinの執筆協力を得、これまでの単著ならではの一貫性は失うことなく、内容的にも"厚み"を増しています。
原書:The Icu Bookのレビューページも参考にしてみてください。

重症患者における予防措置 / 血管アクセス / 血行動態モニタリング / 循環血流の障害 / クリティカルケアにおける心臓病学 / 急性呼吸不全 / 人工呼吸 / 酸塩基平衡障害 / 腎臓と電解質の異常 / クリティカルケアにおける輸血 / 体温の異常 / ICUにおける炎症と感染 / 栄養と代謝 / クリティカルケアにおける神経学 / 毒物使用


薬剤師の方にも参考になるでしょう

循環器治療薬ファイル―薬物治療のセンスを身につける
循環器治療薬の実戦的な使い方を具体的に指南する最新の手引書
本書は、“循環器疾患の薬物治療についてひと通りの基本を学びたい”と思っている研修医や若手の循環器科医、さらに看護スタッフのために作られたテキスト。
短時間で実用的な知識が応用可能なかたちで習得できるようになっています。


系統的に鑑別疾患が挙げられています

Differential Diagnosis in Primary Care
プライマリケア鑑別診断のベストセラーテキスト、改訂第4版。
症状や徴候ごとに構成された内容を、痛み、しこり、血性分泌物、非血性分泌物、機能的変化、及び検査結果の異常という各カテゴリーに分類し、症状と徴候から鑑別診断への体系的アプローチを行います。

基礎科学の知識を駆使して各症状の原因を探る方法を示し、精密検査に必要な手順や検査項目も加えました。

新版には、新たな症状や徴候50例、一般的な症状や徴候約90を含む症例、診断法の最新情報を収載しています。


動画なので理解度が違います

もう迷わない!好きになる心電図 (上巻) ケアネットDVD
今までと違った角度から心電図にアプローチし、「心電図の細かいところはとりあえず後回し! まず大事なところを押さえるには」という視点から解説します。
心電図が苦手あるいは自信がないという先生方に、臨床で必要なスキルを最短距離で身に付けていただけるプログラムです。

苦手な理由は、正常の基準があいまいでわからない、たとえ診断できたとしても何を治療すべきで何を放置すべきなのか対処の仕方に迷う、などなど。
このような話題から「いかに開き直って心電図を見るか」の極意を伝授します。

著者:山下 武志 (財団法人心臓血管研究所 第三研究部 部長)
関連カテゴリー: ケアネットDVD シリーズ一覧


勤務医の苦悩が綴られています

医療崩壊―「立ち去り型サボタージュ」とは何か
日本の医療は、今、崩壊の危機にさらされている。現職の虎の門病院泌尿器科部長がついに声を上げた。医療の最前線に立つ大病院の現場で起きる「医師の立ち去り」の実態と理由と、その対策について、具体的に報告し、提言する。
医療現場で日々、診断、治療、手術などの日常業務を行いながらも、「発言する医者」として、日本医療を崩壊から守るために務める著者の熱い思いが伝わってくる。

現在、日本の医療機関は二つの強い圧力にさらされている。医療費抑制と安全要求である。この二つは相矛盾する。相矛盾する圧力のために、労働環境が悪化し、医師が病院から離れ始めた。

現状は、きわめて深刻である。医療機関の外から思われているよりはるかに危機的である。何がおかしいのか、どうすればいいのか、現状を報告し、対策を緊急提案する。


患者さん向けの医療サイト

看護師の復職支援
出産や介護が理由で医療現場を離れた看護師さんの復職を応援しています。医師や現役ナースの指導のもとで技術を再習得する再就職支援セミナーなど、ブランクのある方の受け入れ態勢を整えている病院を紹介しています。

抗がん剤治療と副作用
ゲフィチニブ(イレッサ)やイマチニブ(グリベック)、トラスツズマブ(ハーセプチン)など、がん細胞の中の特定たんぱく質だけを攻撃するとして、近年注目されている「分子標的薬」をはじめ、国内で承認されている抗がん剤の種類とその副作用を解説しています。

病院の検査の基礎知識
生活習慣病、がん、メタボへの関心が高まる中、人間ドックや健診を受ける方は年々増加しています。
(1)病気をできるだけ早く発見して、処置をして治療する(二次予防)、(2)病気になりやすい兆候をいち早く見つけ、生活改善などによって発病を予防する(一次予防)を実行するために、これらの検査は欠かせません。
このサイトでは、病院や人間ドックで検査を受ける方のために、その内容と判明する病気について解説しています。

このページの一番上に戻ります